美容室の経営相談・サポートはREAL LIFE

「お客様に選ばれるサロン」「イニシアチブ(主導権)を握っているサロン」になると、“自然とお客様が集まり情報も集まってくる”ようになります。
つまり、「お客様からサロン」という流れになるのです(下図)。
お客様→(選んで来店・クチコミ)→サロン

そして、このお客様に高い満足を提供することで「お客様」から「ファン」へと変化していきます。
この「ファン」を作ることが勝ち組みサロンになるための一番の目的となります。

この状態を音楽に例えるなら、ファンは自分が好きなアーティストについては自ら新曲のチェックをしたり、まだ聞いてもないニューアルバムを予約したり、楽曲が決まっていないライブチケットを予約購入したりします。
ファンになると、ファンの方から積極的にアーティストの情報を探すようになります。

そうです、アーティストはお客様と呼ばずにファンと呼ぶのです。

これをサロンに置き換えてみると、お客様がファンになっていないサロンは、懸命にチラシなどでメニュー紹介やキャンペーン告知を行いお客様に気付いていただく努力をします。  【サロン→お客様 の矢印状態】。

これに対し、お客様がファンになっているサロンは、ファン(お客様)の方からサロンに興味や関心を持っていただき、数あるサロンから選んでくれます。  【サロン←お客様 の矢印状態】

つまり、「お客様をファンに変える」ことが「選ばれるサロン」への条件であり、これが出来ればサロン経営は安定し、ひいてはブランド化に繋がります。

そして、もう1つ重要なことは新メニューや商品にファンを作るのではなく「サロン自体にファンを作る」ことです。

本当に人気のあるミュージシャンを想像してください。彼らのファンは楽曲やグッズなどのファンではなくミュージシャン自身のファンなのです。サロンもこれと同じです。

そして、ファンを作ることで「お客様からサロン」へ流れが変わると、具体的には次のような状態になります。
  • 他のサロンと比べ、圧倒的に勝っている“何か”がある
  • 自サロンの強みまたは存在を知ってもらう工夫ができている
  • 他サロンより客単価が高い
  • スタッフ全員が高いレベルでサービスできるシステムが確立している
  • メニューごとに確保する粗利益が決まっている
  • スタッフが自信をもって仕事できる環境が整っている
  • 他店にマネできない“何か”がある
  • お客様からの紹介が多くなる
  • 商圏が広い(遠くからもお客様が通う)
  • お客様の来店サイクルをコントロールできる
  • お客様の来店回数が多い
  • 良い人材が集まってくる
  • スタッフがイキイキと働いている
矢印(流れの向き)が変わることで自然と情報や人(お客様・スタッフ)が集まってくるのが「選ばれるサロン」です。

お客様・情報・ノウハウ → サロン ← 高い効率・売上・良い人材

「選ばれるサロン」になるためには、お客様が今まで経験したことのない価値を創造することでお客様に高い満足を感じていただき、もって他のサロンと比較されない存在までサービスを高めることです。

他のサロンと比較されないことで価格競争からの脱却を図ることができ、結果的に客単価のアップが実現されるのです。
業績改善の2つのポイント
page top
サロン経営のポイント オリジナル薬剤 会社概要 事例紹介レポート請求(無料) ACL体験参加 申込み お問い合せ
[ 訪問エリア ] (一覧)